外車買い方

ジャストライトの豆知識「逆輸入車」について

<「逆輸入車」について>

(※「逆輸入車」は、「並行輸入車」ではありません。)

「逆輸入車」とは、”海外メーカー”の車を輸入したのではなく、

“日本のメーカー”各社が、”海外市場向けに開発・生産・販売”している車を、

改めて日本に「輸入」した車

のことをいいます。

“輸入車”をディーラーなどに通さず輸入する「並行輸入」と混同されることがありますが、

「逆輸入車」の場合は、基本的に“正規ディーラー”もしくは”メーカー公認業者”が
輸入した車
です。

「日本車」でありつつ”海外向けのデザインや装備”をもった「逆輸入車」は、
車ファンの間でも人気が高い車種です。

◎「逆輸入車」のメリット

  • 日本にはない”デザイン”の車を手に入れられる
  • 日本のメーカー車でありながら、日本国内では設定されない”グレードや仕様”などがある。

  • 個性的な車で、車ライフを満喫できる。
  •     

  • 日本社製なので故障しにくく安全性が高い。
  • 円高の場合、通常よりも安く購入することができる
  • 海外での購入は全て「輸入」という形になる。

    その際「関税」の影響で「輸入車」の価格はかなり高額になってしまう。

    だが”円高”の場合は、通常よりも安く購入することができる。

  • 日本では既に「生産が終了している車」を購入できる
  • 日本では購入できない、「生産終了している」車種が、海外で販売されていることがある。

    そんな時も「逆輸入」という形でなら手に入れることができる。

    仮に新車が無理だったとしても、”少し型が古くても財布に優しいのなら”と考えている人には
    嬉しい特典。

    ◎「逆輸入車」のデメリット

  • “メンテナンス”ができない場合がある
  • ○「逆輸入車」は、設計の段階から“海外で走行すること”を前提に作られているので、
    日本の「規格」や「法規」に適合していない場合が多々ある。
    ○輸入したら、日本の「規格」や「法規」に適合するよう整備し直した上で、
    「排ガス検査」や「予備検査」を受けなければ<公道>を走れない
    ○これらの整備を受けてやっと「陸運局」で登録できるようになる。
    ○乗れるまでに「費用と日数」がかかる。

    「修理」する際も“部品を販売している国から取り寄せ”となる場合もあるので、「修理」についても、
    事前に”ディーラー”に尋ねた方がよい。

  • 一般的な”保証”がないときもある
  • 「任意保険」に入る際、「逆輸入車」だと割高になるケースや、加入を断られるケースもある。

    購入する前に「逆輸入車」でも”加入できる保険”を調べておいた方がよい。

  • “ナビ”が使えない場合もある
  • “ハンドル”が「左仕様」となっている
  • 「逆輸入車」は、海外での利用を前提に開発されているため、「左ハンドル」となっている。

    ハンドル位置が異なるだけで”運転の感覚”も異なってくるので、かなり重要なポイントになる人もいるかもしれない。

    「逆輸入車」を購入する際は、デメリットも忘れないで、よく考慮して購入してくださいね。

    *車検・参照*

    関連記事

    1. 株式会社ジャストライト/中古外車を選ぶ時の注意点
    2. 株式会社ジャストライト/外車(輸入車)の維持費
    3. ジャストライトの豆知識「並行輸入車」の保険
    4. 株式会社ジャストライト/外国車・人気モデル!
    5. ジャストライトの豆知識、車を「並行輸入」をするメリット、デメリッ…
    6. ジャストライト/車/話題の車/FIAT
    7. ジャストライトの豆知識「マレーシアで中古車を買うときの注意点」

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    PAGE TOP