オススメ

ジャストライト/福岡/北九州市/世界遺産/

(祝)世界文化遺産!(世界遺産のある街・北九州市)登録決定!

おめでとうございます

今回は登録された北九州市の世界遺産について掲載したいと思います。

幕末から明治時代にかけて日本の近代化に貢献した産業遺産、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼・製造・石炭産業」が、平成27年7月5日、第39回ユネスコ世界遺産委員会におきまして、世界文化遺産に登録決定されたそうです。この遺産群は、北九州市を含む8県11市にまたがる23資産からなっており、北九州市からは、官営八幡製鐵所関連施設が構成遺産に含まれているそうです。

世界遺産の「構成遺産」ってなに?

構成遺産とは「いろいろな資産(しさん)=宝物(たからもの)を世界遺産にふさわしい共通の価値で、まとめているもの」の事で世界遺産の価値を具体的に証明するものとして選ばれた文化財の事です。

官営八幡製鐵所

関連資産は現在も操業している製鐵所構内に立地しているために一般には公開されていないそうです。(残念!)構成遺産のうちの旧本事務所(1899年竣工)の外観が眺望出来るスペースを整備中との事です。また、場内において解説案内板や創業当時の古写真なども展示されており、常駐の観光案内のボランティアガイドの説明もあるそうです。

官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース
  • 名称 官営八幡製鐵所旧本事務所眺望スペース
  • 開場時間 9時30分~17時(入場は16時30分まで)
  • 定休日 毎週月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)
  • 入場料 無料
  • 官営八幡製鐵所修繕工場

    1900年、製鐵所で使用する機械の修繕、部材の製作加工等を行う目的で、ドイツのグーテホフヌンクスヒュッテ社の設計と鋼材を用いて建設された現在する国内最古の鉄骨建造物となるそうです。創業から110年以上経過した現在も、修繕工場として稼動を続けています。
    官営八幡製鐵所旧鍛冶工場
    修繕工場と同様に、ドイツのG,H,H社の設計と鋼材を用いて建設された鉄骨建造物です。製鐵所の拡張にともなって増築・移転された後、製品試験所として使用されたそうです。
    遠賀川水源地ポンプ室
    官営八幡製鐵所第一期拡張工事に伴い工業用水を確保するため、1910年に遠賀川の河口から10kmh離れた場所に建設されたようです。取水・送水施設です。現在も八幡製鐵所の鉄鋼生産に必要な約7割の工業用水を送水している稼働施設です。
    *地球上にある自然や歴史のある建物などは、ほうっておくと、人が手を加えたり、雨・風の影響を受けたりして徐々に壊れていってしまうものです。だから、そうならないために、みんなでしっかりと守っていく事が大切です。そうした自然や建物の中から選ばれた「世界遺産」というものは、特に世界中の人々が協力して守らなければならない。次の世代に、そしてその次の世代にも受け継いでいかなければなりません。観光の方々のマナーが問われます。県・市・地域の方の沢山の苦難・苦労により登録されています。駐車違反・ゴミのポイ捨てなど回りで迷惑される方がいらしゃります。常識を持って観光しましょう。

    関連記事

    1. 株式会社ジャストライト/福岡/ドライブ/グルメスポット/長崎❷
    2. ジャストライト/初めての車選びのポイントと人気車5選
    3. ジャストライト/車/ホンダ車・パート1
    4. ジャストライト/福岡/観光/糸島
    5. ジャストライト/福岡/地域密着型・道の駅
    6. 株式会社ジャストライト/「リサイクル料」と「リサイクル券」につい…
    7. ジャストライト/福岡/博多/人気・ラーメン
    8. ジャストライトの豆知識「車の教習所 1」について

    コメント

      • wpmaster
      • 2017年 12月 22日

      お世話になります。
      返信が遅くなりすいません。
      フリー写真での検索にあがっていましたので、写真を使用していました。
      写真の方は全て削除いたしました。
      よろしくお願いいたします。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    PAGE TOP