交通ルール

株式会社ジャストライト/浪岡 智/助手席のマナー

株式会社ジャストライト浪岡智がお送りするダッシュボードのお話のイメージ画像

今回は浪岡 智が助手席のマナーについてお送りします。
助手席でダッシュボードに足を乗せる人を見かけます。
これは道路交通法違反として罰則の対象になることがあります。
道路交通法第70条に車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を
確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような
速度と方法で運転しなければならないと規定されています。
そのため、助手席の人がダッシュボードに足を乗せてしまうと助手席側のサイドミラーが
見えにくくなる可能性があって、確実な運転操作ができないとみなされて、罰則の対象に
なる可能性があります。
違反とみなされた場合は、罰則対象は運転手となり、安全運転義務違反として、
反則金が9000円、反則点数が2点科せられます。
ダッシュボードに足を乗せる行為は罰則の対象になるだけではなく、万が一事故に遭った時に
勢いよくエアバックが飛び出してきて、足が跳ね上げられ大きな怪我に繋がる恐れがあり
安全性の面でも危険な行為です。
また、ダッシュボードに足を乗せている状態だと、シートに浅く座っている体勢になって、
シートベルトが意味をなさなくなり、座席ベルト装着義務違反に問われる可能性が出てきます。
このように、助手席に足を置く行為はマナーが悪いだけではなく、場合によっては道路交通法違反に
なってしまいます。
レンタカー業務・中古車買取・中古車販売・車の修理をメインにしている。
株式会社ジャストライトのブログサイトです。
ここまで株式会社ジャストライトの浪岡 智がお送りしました。
株式会社ジャストライト
浪岡 智

株式会社ジャストライト浪岡 智が参考にした記事はこちら

株式会社ジャストライト情報はこちら

関連記事

  1. 株式会社ジャストライト/車/交通ルール
  2. 株式会社ジャストライト浪岡智がお送りする交差点についてのイメージ画像 株式会社ジャストライト/浪岡 智/気になった情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP