マナー

株式会社ジャストライト/車/追い越し/運転

株式会社ジャストライトが更新している車の情報!気をつけたい追い越し運転

皆様、株式会社ジャストライトでは、随時、車に関する情報を配信しております。
その都度、その都度、見逃せない情報を無料での提供で配信しておりますので、どうぞご覧下さいませ。
皆様は、車で追い越しをした経験、追い越しをされた経験はございますか?
追い越し運転とは、車が進路を変えて、進行中の前の車の前方に出ることを
いいます。
追い越しは複雑な運転操作を要していて、進路を変えて、加速をしたうえで
再び進路を戻すという操作のことです。
場合によっては、絶対に追い越し運転をしてはいけない場合があり、
二重追越しや前の車が右折などのために右側に進路を変えようとしているとき、
道路の右側部分に入って追い越しをしようとするときに
反対方向からの車や路面電車の進行を妨げるようなときや前の
進行を防げなければ、道路の左側部分に戻る事が出来るようなとき、
後ろの車が自分の車を追い越そうとしているときなどです。
他にも、追い越しを禁止されている場所があり、
標識により追い越しが禁止されている場所や道路の曲がり角付近、
上り坂の頂上付近やこう配の急な下り坂、
車両通行帯のないトンネル、優先道路以外の交差点とその手前から
30メートル以内の場所、踏切、横断歩道、自動車横断帯とその手前から
30メートル以内の場所などです。
これは道路交通法第28条〜第30条・第32条で定められており、
追い越しの仕方は、きちんとした方法があります。
他の車を追い越すには、その右側を通行しなければなりません。
しかし、他の車が右折するため道路の中央に寄って通行している時や
路面電車を追い越そうとする時は、その左側を通行しなければなりません。
追い越す時は、追い越す車との間に安全な感覚を保つようにしなければ
なりません。
追い越される場合にも、追い越しが終わるまで、速度を上げては
いけません。
また、追い越しに十分な余地のない場合は、出来るだけ左に寄り、
進路を譲らなければなりません。
もちろんですが、前の車が交差点や踏切などで停止や徐行している時は
その前に割り込んだり、その前を横切ったりしてはいけません。
それ以外にも、他の車の前方に急に割り込んだり、並進している車に
幅寄せをしたりしてはいけません。
対向車と行き違う時は、安全な感覚を保つようにしましょう。
そして、進路の前方に障害物がある時は、あらかじめ一時停止か減速をして
反対方向からの車に道を譲りましょう。
肝心なことは、無謀な運転操作は禁止されているということですね。
みんなでルールを守って安全運転を心掛けましょう。

株式会社ジャストライト情報はこちら

関連記事

  1. 株式会社ジャストライト/車/レンタカー/マナー
  2. 株式会社ジャストライト/車/イヤホン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP