車のトラブル

ジャストライト/車のオーバーヒートについて

<オーバーヒートはエンジントラブル>

車のオーバーヒートは、エンジンが発する熱量が、冷却性能を超えてしまったときに起きるエンジントラブルです。

原因は、エンジンオイル不足・漏れ、冷却水不足・漏れ、ウォーターポンプを回すベルトの緩みなど、様々です。

他にも、長い坂道でのロー・ギア走行や、渋滞時のノロノロ運転が長時間続くと、オーバーヒートが起きやすくなります。

オーバーヒートが起きたときは、周囲の安全を確認し、他の車の走行に邪魔にならない場所に停止させます。

ボンネットを開け、エンジンルームの風通しをよくします。

(エンジンルームが高温になっているため、ボンネットを開けるときは十分に注意してください。)

注意点

すぐにエンジンを切ってしまうと、冷却水が循環せず、一気に温度が上昇したり、エンジンオイルの循環が停止し、油膜切れを起こしてエンジンが焼きつく可能性があります。

エンジンは停止せずに、そのままかけておいて下さい。

※ただし冷却ファンが回っていないときや、冷却水等が漏れているときは、すぐにエンジンを止め、自然冷却してください。

オーバーヒートしたことに気づかず、そのまま走り続けた場合、走行中にエンストを起こし大変危険です。またその後、最悪の場合エンジン交換ということにもなりかねません。

可能であれば速やかに救援を呼び、整備工場でオーバーヒートの原因を調べたほうがいいでしょう。

関連記事

  1. ジャストライト/車のバッテリーがあがったときの対処方法
  2. 株式会社ジャストライト/車の走行距離の限界
  3. 株式会社ジャストライト/安全な中古車を選ぶためのポイント
  4. 株式会社ジャストライト/自動車保険のロードサービス
  5. ジャストライトの豆知識「強風日、車のドアの開け方」
  6. ジャストライトの豆知識「車の交通ルール、これも違反です!」
  7. 株式会社ジャストライト/車/個人売買/危険
  8. 株式会社ジャストライト/修復歴車・事故車の見分け方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 11月 22日

カテゴリー

PAGE TOP